2015.04.25

【PC?】Raspberry Pi2 ModelBを買ってみる。

いろいろいじるでー。

購入先

手っ取り早くAmazonで購入。

TechShare

ランキング: 104,164位
Amazon価格: 在庫なし
取得時間: 2018年12月14日 1時15分 詳しくはこちら

TechShareってところがRaspberry Piとのケースセットで売っているので
そこから購入。

動作に必要なもの
・USBマウス
・USBキーボード
・マイクロSDカード
・LANケーブル
・MicroUSBケーブル
・HDMIケーブル & ディスプレイ

基本的にLinuxをインストールできるものがあれば問題ない。
注意が必要なのはマイクロSDカードでしょうか。
保存先になるので容量と速度が重要。
自分は余っていた16GのSDカードを使いました。
ちなみに8Gだとちょっと厳しいかもしれない。

インストール

とりあえずここを見ながらインストールしてみる。
Link:ラズパイ2で遊ぼうぜ:「Raspberry Pi 2」をイジリ倒す(基礎編1)、まずはOSを入れるのだ (1/3) - MONOist(モノイスト)
しかし、古い記事だからでしょうか。
やってみると手順が結構違う。

流れとしてはOSをダウンロードして
zip展開後マイクロSDカードに全部コピーした上で
Raspberry Piに刺して起動すればよい。

イメージは以下の"NOOBS_v1_4_0.zip"を使いました。
Link:Index of /pub/raspberrypi/NOOBS/images/NOOBS-2015-02-18

起動ボタンはなくMicroUSBケーブルを刺した瞬間起動します。

あとは"Raspberian"だけチェックしてインストールをするだけでOS起動までいけます。
下にLanuage選択があるけどとりあえずは英語にしておくべき。
日本語もあるけどフォントがデフォルトで入っていないので文字化けして
よく分からない状況になります。

ユーザー関連

最初はデフォルトのユーザーが用意されていてそこからいろいろいじっていきます。
デフォルトユーザーはこれ。

user: pi
pass: raspberry

sudoも有効なのでこのユーザーで困ることはない。
だけどいちいちsudoするのも面倒なのでルートへ昇格したい。
以下のコマンドでパスワードを設定してsuで昇格出来ます。

$ sudo passwd root

いろいろいじった後だからかもしれないけど
デフォルトでsshが起動しているみたいなので
今後はTeraTermなどのターミナル経由で操作が可能です。
なのでキーボード、マウス、ディスプレイは外しても問題なくなる。

ターミナル経由になるのでフォントの問題がなくなる。
今後はUTF-8あたりにフォントを変更すると便利かもしれない。

パッケージを最新版へ更新する

とりあえず今登録されているパッケージを全部新しいのにアップグレートする。

# apt-get upgrade
viがおかしい

各種設定を変更するためにテキストエディタとしてviを使ったのだがどうもおかしい。
Iキーをおして挿入へ切り替えて方向キーを押すと上に1つ移動して
AとかBが入力される。
キーボード設定かなと思い修正して再起動したけど結果は変わらず。

解決方法としてはvimを入れることでした。

# apt-get install vim

これで編集もできるようになりました。


そんな感じで基礎は整った感じです。
これから本格的にいじっていきたいところです。

Pocket

ニャッキ格闘列伝 > PC >

前の記事:
次の記事:

コメントリスト

コメントなし

コメント



*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

こんなタグが使えるみたいよ:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>