2015.03.30

【MVNO SIM】IIJmio データ通信専用SIMを契約してみる

ついに契約してしまいました。

交換理由

現在通信はWiMAXメインで行っているわけだが
WiMAXはいかんせん範囲が狭い。
基本は市内にいるのでこれで問題はないのだが
ツーリングをしだすと山奥にいって通信範囲外ってのがザラ。
なのでWiMAXはつかいものにならない。

現在、遅いですけど250kbpsのLTEを使っている
これならどうにか通信ができる。
だけどこの速度だとGoogleMapなどの速度がある程度必要なアプリが重すぎる。
なので最近流行りの高速通信付きのSIMへ変更しておきたかった。

さらに携帯電話もSIM一本化も考えたけど
そうすると縛りが発生するのでよろしくない。
あとは電話だけならどんなヘボい携帯でもいいので
機種変更しやすいという部分があるので分けることにしました。

SIMに必要な機能

データ量もそうだが機能も充実したものがほしい。

・バースト転送
データ取得の最初だけ早く取得できる仕組み。
これがあるとWebでの取得が早くなる可能性が高い。

・高速通信の切り替え
高速通信を使うときはツーリングの時のみ。
それ以外はWiMAXがあるのでゆっくりで良い。
その切替ができること。

IIJmio データ通信専用SIMを選択

考えた挙句結局IIJmioの「データ通信専用SIM」にしました。
Link:データ通信専用SIM | IIJmio

価格は900円 2Gと格安の中ではちょっと高めだけど
容量の繰越が行えるというのが一番大きかった。
さらに、4月から3Gに増量されるとのこと。
通信会社側から自動でサービスを上げるというのは好感触。

さらにユーザビリティにも熱心で
通信量を取得するAPIなども公開している。
これで高速通信のON/OFFを切り替えることもできるし
公式で公開しているアプリもある。
Link:IIJmioクーポンスイッチ - Google Play の Android アプリ

公式には書いていないけどバースト通信もできるっぽいし
これでいいかなと思いました。
Link:IIJmioならではの特長 - IIJmioスタートガイド(乗り換え編)

問題としては、値段でしょうか。
対抗馬としてDMM mobileがあり月660円でできる。
Link:DMM mobile
月240円の差なので大したことはないと思うのだが
月1Gで済むのであればこれでもいい気はしています。


そんな感じで数日低速で使っていますがとりあえすは問題なし。
あとはツーリングに出かけた時にどれだけの効力がでるかが楽しみです。

IIJ

ランキング: 89,927位
発売日: 2014年12月15日
Amazon価格: 在庫なし
取得時間: 2017年10月19日 16時30分 詳しくはこちら
Pocket

ニャッキ格闘列伝 > 未分類 >

前の記事:
次の記事:

コメントリスト

コメントなし

コメント



*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

こんなタグが使えるみたいよ:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>