2014.01.14

【バイク】房総半島へツーリング 2回目

もう行けるところがないのよ。

メインルート、相棒紹介

本日はCBR600RRを2度目のレンタル。
今回はレプソルカラーです。
ちょっと心が踊ります。
20140112_073107

ルート的にはほぼ目的もなく凍結の心配のなさそうな南房総あたりを
走ってみようという計画です。

ツーリングログ

・都心の鬼門は信号
朝早くに出発しているので渋滞はないのだが信号は常にあるので止められてしまう。
そして、都心の信号数はすごいのでこれで結局時間がかかってしまう。

そういう意味でも都心は首都高を使うのもありだと思う。

・この時期のバイクはいろんな意味で厳しい
南房総あたりだと田んぼが結構ある。
その辺りをみると霜で真っ白。
田んぼの水たまりは氷が張っている。
なので道に水があったら凍結するということでしょう。

寒さだけならどうにか頑張れるのだが凍結はアウトです。
雨が降るだけでも物理的にバイクが乗れない形になることを覚えておきましょう。
ちなみに奥多摩の方も凍結しているらしい。

・県道34号線を走る
まず、ちょっと気になっていた県道34号線を走ってみる。
今回は西側から入って走り切ると鴨川へ出れます。
山道ではありますがそれほど曲がりくねっているわけでもなく結構速度が出る道になります。
信号も少なく素早く鴨川へ行く時には便利そうです。
しかし、走り的には今ひとつな感じでした。

・房総フラワーラインで休憩
34号終了後は南下して房総フラワーラインを走ったのですが
この辺りで大分体力が尽きていました。
なのでそのあたりの公園で休憩を取りました。
このへんは道の駅や公園が多く停車場所が多いのは好印象です。
まあ、夏の時用に作ってあるだけなのでしょうけどね。

大分疲れていたのか少し眠ってしまいました。
丁度太陽もいい感じに照らしていたのでなかなか暖かかった。
20140112_092510

・国道410号を北上
まだ時間があったので走ってみたいところがあったので
そこへ向かうため国道410号を北上します。
なにげに走った道でしたが本日一番の道でした。
信号も少なく、それなりに峠っぽい感じの道で走りごたえがある。

他のバイカーも何人も見かけたので
なかなかおすすめの道ではないかと思います。

・林道を走る
ツーリングマップルでおすすめされていた道を
走ろうと行ってみたところどうも林道だったらしく
大分道幅が狭く、コンディションが悪い。
さらに落盤で通行止めがされている場所があり素直に進むことが出来ない。
ぶっちゃけ山の中で軽い迷子になっていました。

ここはオフ車でくると楽しいかもしれないけどSSで来るところではなかったです。
そんな感じでヒヤヒヤしながらの走りになりました。
時折、森の切れ目から見える景色はなかなかです。

ちなみにこの辺りに福島の産廃が来てるっぽく
住民が産廃反対というプラカードを色んな所に貼っていました。

・帰りは下道を使ってみる
さて帰ろうと思い、Google先生に聞いてみると
無理にでもアクアラインをわたらせようとしている。
それが気に食わなかったのでひさしぶりに下道を使って帰ってみることにする

まず千葉方面からの渋滞は幕張メッセあたりが混む見たいで
あのあたりでノロノロ運転へ切り替わります。

それが終わると県道?50号線へ入り地獄の都内へ突入となる。
どうもGoogleMapは最短ルートを作ってくれるのだが
走りやすさとかは全く考えてくれていないみたい。
ちょっと走ると曲がったり人がやたらと多いところへいったりと
精神的に疲れる道を走らされました。

走行結果
乗車時間: 約12時間
走行距離: 380.7km
燃料消費: 21.82L
燃費: 17.4km/L

今日は高回転域を楽しんでいたので燃費が悪くなってしまったのでしょう。
そういうことしなければ20km/Lも見えてくる。

今日は面白半分で1速でガンガン回していたのですが
ここまで来ると1速をフルで使いきれません。
9000回転くらいで80kmくらいだったでしょうか。
レッドが13000回転くらいなのでそこまで回すのであれば高速侵入時くらいしか生きる部分がなさそう。
それくらい力を持て余します。

高回転になるとなんかエンジンの振動が止まる。
なので回すのであればしっかりとしたほうがよい感じです。

次に向けてのメモ

・寒さ対策
本日は以下のことをしてみました。

貼るカイロを腕2枚、背中に2枚導入
昔着ていた冬用ウェアをインナー代わりに着込む

大分ましにはなった気がするけど指先周りまではサポートが出来ない。
ウェアはオールシーズンジャケットを買ったほうがいいのかもしれないです。

ヘルメットの下からの風の巻き込みで顔もいい感じに冷えるので
ネックウォーマーあたりがあるとなかなか便利かもしれない。

ゴールドウイン(GOLDWIN)

ランキング: 243,922位
Amazon価格: 在庫なし
取得時間: 2018年12月11日 5時50分 詳しくはこちら

・体力の尽きる前に帰りましょう
自分の体力的には8時間も走れば限界に達しているみたい。
これ以上走ると事故る可能性が上がるのでできればそれくらいに
帰ることを考えるべきかもしれません。

あとは適度な休憩を入れていくことも重要なのでしょう。
今までは走ることをメインにしていたので休憩をなるべくとらずに
走っていたけど、適度に疲れを取りながら走るってのもありな気がしている。
疲れが少ない時に休めば回復も早いでしょうしね。
そのあたりも意識するとよさげです。


バイク、行き先ともに手詰まり感がでてきている。
そろそろ有料でマイガレ対象外バイクを借りて行くのもありな気がしています。

Pocket

ニャッキ格闘列伝 > バイク >

前の記事:
次の記事:

コメントリスト

コメントなし

コメント



*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

こんなタグが使えるみたいよ:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>