2013.03.13

【シムシティ】原油特化都市を作る

とりあえず原油でうはうはしてみました。

油田メモ

側道はすべての油田で使うことが可能。
そして縦横無尽に引くことが可能。
なので、油田を源泉端に複数置き
側道で源泉を広げるみたいなことができる。

しかし、ちゃんと油田が吸い上げているかの確認はしないといけない。
自分はうまくいかないことがあり側道を見直すことで動かすことができました。

原油貿易のみでアップグレードしようとすると
油井4つとポンプ各10個くらいを一斉に回さないと
届かない感じがしました。

狙ったわけではないのだが一般人が住むところと貿易をするところがうまく分かれたので
交通渋滞がうまく起きない状況になりました。
こういう感じで交通渋滞を解決するしかないのでしょう。

貿易は船か電車を使うようにすることと
貿易関係のものは固めておくということをしておくと
貿易都市は成功するのでしょう。

しかし、一般市民の経済は終わっている。
貿易でどうにか黒字を確保しているけど毎時は常にマイナス。

まあ、貿易は支出だけ加算されて収入は全く計算されていないのが
問題なだけなんですけどね。

石油精製所メモ

原油からプラスチックから燃料を生成できるのだが
へんな配置しかできない形になっています。

ぱっと見、燃料のほうが効率がよさそうなので
拡張は燃料メインで行っているのだが
出っ張った配置にしないと拡張施設が置けないようになっている。

なので、無駄なスペースができてなんか納得いかない。
反対側にも石油精製所を置くことで土地をうまく利用できないか
今後検討してみたいところです。

破たんは面倒

注意としては破たんはすごくめんどいです。
毎時マイナスで使いすぎると破たんが起きてゲーム時間が止まってしまう。
回避方法としては黒字にすることができないとゲーム時間を動かすことができない。
自分は公共施設を止めることでマイナスを一時的にオフにすることで対応している。
これを直すのも面倒なのである程度資産を残した形の設備投資をしていったほうがよい。

今後の方向について

ここまで育ててしまうとぶっちゃけやることがなくなりつつある。
もう少しすると資金が潤沢になるだろうし
生活部分の再配置に盛り上がるのも面白そう。

原油の源泉も永遠ではないのでいつかは破たんしてしまう。
その時はグローバルマーケットから輸入すればいいだけなんだけどね。

だけど、ほかの都市で別の方向性で進めるほうが
たのしそうなので一度切り上げてほかの都市をつくってみたいかな?

エレクトロニック・アーツ

ランキング: 3,844位
発売日: 2013年3月7日
定価: 1,800円
Amazon価格: 1,800円
取得時間: 2017年11月22日 4時24分 詳しくはこちら
Pocket

ニャッキ格闘列伝 > ゲーム >

前の記事:
次の記事:

コメントリスト

コメントなし

コメント



*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

こんなタグが使えるみたいよ:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>