2013.01.24

【さくらVPS】ブログのレスポンスが遅かった理由が判明

やはりそういうオチでした。

さくらからの返答

さくらに遅いと連絡したところ対応してもらえました。

結果的には制限をさくら側がかけていたとのこと。
現在は解除してくれたらしい。

返答内容はこんな感じ。

お客様の仮想サーバが収容されるホストサーバについて確認いたしました
ところ、20日4時頃からホストサーバの負荷が急増したため、一部の負荷の
高い仮想サーバに対し、一時的な制限を実施しておりました。

確認いたしましたところ、お客様の仮想サーバも対象に含まれておりました
ため、先程制限を解除いたしました。お手数ではございますが、状態を
ご確認いただけますでしょうか。

なお、今後の負荷状況によりましては、再度制限を実施する可能性がござい
ます。リソースを共有しているサービスでございますため、何卒ご理解賜り
ますよう、お願いいたします。

気になる部分をピックアップしていきます。

・ホストサーバの負荷が急増
ホストサーバというのが実際のマシンになるのでしょう。
そのマシン内に複数人のOSが入っている感じになる。
そのサーバー自体の負荷が上がってしまったということかな?

・一部の負荷の高い仮想サーバに対し
このサーバーは負荷が高いらしい。
だけどまったく資源を使っていないんだけどな。
負荷というのはどのように図っているのでしょうか。

・一時的な制限を実施
これが重かった原因です。
CPUやらIOや通信なども規制がかかっていたようです。
通常Web処理くらいならどうにかなるけど
Wordpressの記事投稿まで行くとだいぶ重い。

・先程制限を解除いたしました。
一番の問題はこれ。
サポートに連絡入れないと規制解除をしなかったというのは問題でしょう。
負荷が軽いことがわかったのであれば自動で解除してもいいでしょうに。

・再度制限を実施する可能性がございます。
また負荷が上がれば制限かけるよという宣言をされてしまいました。

今後について

リソースを共有しているからといってこれくらいで規制が掛かるのも
どうかと思ってしまいます。

それとも現在やっていること自体重いのでしょうか?
メインとしてはWebでWordpressを実行しているだけなのだけど。

まあ1,000円ですからそこまで無理も言えないのも確かです。
プランを上げるというのもありかもしれないけどちょっと値段が気になります。
SSDプランも出てきているのでなかなか気になる所ではあります。


とりあえず、いろいろするのは面倒なのでしばらく様子見です。
頻繁に制限が掛かるのであればまたそのとき考えましょう。

静岡学術出版

ランキング: 1,137,007位
発売日: 2010年9月10日
Amazon価格: 1,296円
取得時間: 2017年10月22日 21時04分 詳しくはこちら
Pocket

ニャッキ格闘列伝 > サーバー >

前の記事:
次の記事:

コメントリスト

コメントなし

コメント



*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

こんなタグが使えるみたいよ:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>